3Dプリンターでドローンパーツ作成

Pocket

3Dプリンターでドローンパーツ作成

ご無沙汰しております。
最近修理業務以上に物作りのお仕事の依頼が増えてきております。
そんな合間に「マイクロドローンを飛ばそう」と企んでおります(笑)

ちなみにでっかい空撮用ではなく競技用ドローン(200g以下)です。
ドローンの説明だけでえらく長くなってしまいますので割愛しますが、小さいドローンなのでそれほどパワーもありません。
そうなると小さいバッテリーを使う事になるのですが微妙にサイズが違ったりするので困ったなと・・・

っていう事であれば固定出来る様にパーツを作ってしまえ!という事でホルダーみたいなモノをつくってみました。

通常は2Sバッテリーというのを使うのですが1Sバッテリー×2本で利用できるんです。(コネクタも自作)
素材はTPU、いわゆる柔らかめのプラスチックみたいのです。

非常に難しい構造の3Dデータを作る事はできませんが、このような感じであればデータ作成費用も抑えて作る事が可能です。

ちなみに「コレが欲しい!」という方は是非お知らせください。
1S 300mAh × 2本用ホルダー 1セット 400円
PH2.0 × 2 → XT30 変換ケーブル 900円

アマチュア無線局が開局出来次第屋外飛行予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください