Pocket

ガラケー修理 ご相談ください

なんか寒いですね。
9月中旬の気温とニュースで聞きました。
時代を先取りするのもほどほどにして欲しいです・・・

それほど多くはないのですが真っ二つになったガラケー修理(データ復旧)です。
キーボード側が真っ二つになるような事でも無ければデータは消える事はほとんどないです。

今回は新品の端末の外装をそのままにしてメイン基板のみ入れ替え(組替)となりました。

ちなみに組替工賃12000円となります。(パーツ代別)

というよりも「組替(外装交換)」しかできません。
自然故障での起動不良や急に動かなくなった場合は当店では対応できない事が多いです。

これはスマートフォンにも言える事なんです。
iPhoneはユーザーが多い事もあり回路図や交換パーツが沢山あります。
しかし国内でしか発売されていないアクオスやARROWSなどは製造工場にこそパーツがあると思いますが市場に出回っておりません。
その為中古端末からパーツを利用するしか方法が無く非常に高額な修理になる場合があります。

ちなみに世界的に販売されているXPERIAはパーツは入手可能ですが回路図が入手出来ない為、基板が壊れた場合のデータ復旧は中国に依頼する事になります。

あと精度が保証できない修理は原則しません。
先日近所にあるHUAWEI正規修理店でお話を聞いた所「フレーム+バッテリー+その他パーツが付いている状態で支給されているので基板だけを入れ替える作業」という事でした。

落としたりぶつけたりするとフレームが歪んでしまいガラスだけ貼り替えるのは難しいです。
そしてメーカー工場ではありませんので接着強度が全く違ってきます。
その為、スマートフォンの画面修理は「操作・表示不能」の時のみ対応しております。
どうしてもという事であれば対応いたしますが「保証なし」という事となりますのでご了承ください。

ガラケー修理の話しからガラっ方向が変わってしまいましたが何卒ご理解ください。

今日も元気に(歯の手術したので顔が腫れていますが)営業中です〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください