ビンテージゲーム機「バーチャルボーイ」修理

Pocket

ビンテージゲーム機「バーチャルボーイ」修理

皆さん、お休み満喫してますか?
満喫してない人もお休みじゃない人も沢山いるとおもいますが・・・

ほとんどネタです(笑)
当時3歩ほど時代を先取りすぎてほとんど売れなかった「任天堂 バーチャルボーイ」の修理依頼です。

その昔、ハーローマックなるおもちゃ屋さんで購入したらしいのですがそもそも右側が表示しないという事でジャンク品。
何を間違ったのか「直ったら面白いので直してください」という事で遊び心満載で引き受けました。

平べったいヤツが発光部分なのですが、コレをミラーに投射しつつそのミラーをブルブルと振るわせて表示させるんです。
スゴイんだか凄くないのか・・・何にせよ見たことないので斬新でした。

修理方法はネットにあった、ドライヤーで発光部分のケーブルを熱して再接着のみ。

無事立体に表示されるようになりました。
立体感のある?テトリスをやってみたのですが色が赤と黒のみ。
年齢の問題なのか正面は大丈夫なのですが上下左右の端がボケます(笑)

あまり大がかりな物は無理かもしれませんがお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください