Pocket

問題のSIMフリー機先日、オーストラリア版のSIMフリー機が入荷いたしました。

フェイスブックに載せたところ昔お世話になった先輩のご紹介で東京の方に販売する事に決定!(ものの数時間でした)
善は急げという事で出荷前に全て点検したのですがお客様より「バイブモーターが動かないんです」とのお知らせが・・・
到着してすぐの事だったので返金のお話をさせて頂いたのですが「修理して使いたい」との事でしたので迷わず「アップルストア銀座店に持って行って交換してもらってください」と伝えました。

数日後に連絡があり「モーター取り替えてもらったのですが変わらないです」と連絡があり、「モーター交換?え。本体交換じゃないの?」と色々な事が巡ってきたのですが実機が無いことにはラチがあかないのでコチラにある4SのSIMフリー機を代替として発送しオーストラリア版がこちらに到着したので

「アップルストア札幌で交換じゃ!」と意気込んで行ったところ・・・

スタッフ:規約が変わり4Sまでは本体交換が可能だったのですが5になってからはパーツ交換で対応できる事のみとなったんです
作業員1号:という事はSIMフリー機は修理はできても交換できないってこと?
スタッフ:はい、そうなりました。先週までは対応可能だったのですが・・・交換は購入国での対応となります。
作業員1号:はぁ・・・わかりました。

とやすやすと引き下がってきました。
ストアのスタッフに顔と名前を覚えられるくらい通っているので事を荒げてもしょうがないと泣き寝入りとも考えたのですが、インターネッツで検索してみたところ「電話サポートで交換してもらった」という情報がチラホラ
真偽を確かめるためにアップルのサポートダイヤルへ電話してみました。

通常のスタッフではお約束の事しか戻ってこないので「シニアアドバイザーに繋いで」と言うと速やかに繋いでもらい、銀座店での対応内容や札幌店での返答を説明したいところ「ジーニアスでの交換はできませんが引き取り修理での交換は可能です」となんとも快いお返事が!!

なぜ店頭で交換できないかを色々と聞いてみたのですが
アップル社内で規約が色々と変わるらしく今日は良くても明日はダメみたいな事が多数あるそうです。
店頭での交換がNGになったのもガラス交換が安くできるようになったタイミングでNGになったらしく、交換できないことだけが伝わって代替案として「サポートに連絡してみてください」との一言があれば良かったのかもしれないです。
「銀座店がダメなので札幌店へ」という考えも浅かったのですが銀座店での一声があれば1週間は早かった・・・のかも?

交換品はオーストラリア版ではなくソフトバンク版のSIMフリーになって戻ってきます。
細かな違いはあるらしいですが外国と国内で唯一違うのが「マナーモード時のシャッター音」が鳴るか鳴らないかです。
まれに交換時にこの説明すると「音が出ると困る」という方もいらっしゃるとか・・・

今の規約では引き取りのみとなっておりますが今後変わる可能性もあります。
もしかしたら交換できなくなったら・・・その時かんがえましょうw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください